2017 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month
プロフィール

おまさ

Author:おまさ
【ミスラ】【スキュアー】

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
りんく FFXI など!
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- |
#815 ネズミちゃんをくらえ!
ツイてない男

原題:Botched

nezumi2.jpg


些細な事でダイヤ強盗をしくじった主人公は、マフィアのボスに
「とあるビルの最上階の部屋にある十字架を盗んでこい」と最後のチャンスを与えられる。
おバカな仲間が計画にはない殺しをしてしまうものの、なんとか十字架を手に入れた主人公。
あとは知らぬ顔をして脱出してしまえば任務完了!
・・・のはずが唯一の帰り道であるエレベーターが途中で止まってしまう。
それを警察の仕業だと判断した主人公達は乗り合わせた人々を人質にとり、止まった先のフ
ロアーへと降りる。
しかし、このフロアーには殺人鬼が潜んでいたからさぁ大変。というお話。


強盗団(ほぼおバカ)と人質達が、また一人、また一人と殺されて行くスプラッター物かと思いきや
ギャグ満載でまさかのブラック・コメディ物。
全体的に濃い登場人物とセンスのいいギャグがツボにはまってかなり楽しめました。

冴えない風貌の主人公はさておき、強盗仲間のおバカ兄弟、パワー型だけど妙に色っぽいヒロイン
ミリタリーオタクの中年男性と気弱で神経質そうな男のタッグ。
そして極めつけは・・・殺人鬼!
正体を現すまでは、まだホラーっぽさがあったのだけど、この殺人鬼が登場した瞬間に一気にコメ
ディになってしまうほどの出で立ち。
なんていうのかなぁ・・・世紀末覇者的な感じというか・・・うーーーん










こんな感じかな!
nezumi.jpg
注:中世ではなく現代です。
優雅なBGMに合わせて踊りつつ、モーニングスターで女性の頭を狙い撃ち!
そんな衝撃的な登場する彼。

もちろんおバカ!

こんな個性的なメンツが迷路のようなフロアーを逃げ回り、追い回す様は、そう・・・




まさに 風雲たけし城の悪魔の館

しかも本人たちは皆真剣なわけだからより一層面白いw
話の展開も狙ってそうしたのか、完成したらそうなってたのかは分からないけど全く先が読めない。
でも、お約束はお約束できちんと狙ってくる。
これって実はかなりの名作(迷作ともいう)なんじゃないだろうか・・・?
最近悲しいことのあった貴方にオススメしたい一作です!



蛇足:オマサさんの憧れたやり取り。

主人公とヒロインがどっちの道を行くかで少しもめていて
「こっちの道を行こう」
「そっちじゃないと思うわ。」
「いや、こっちが正しい」
「こっちに行くべきよ。だってアナタ、今日はツイてないんでしょ?」
フッと笑ってヒロインに従う主人公。

素敵でしょう?w
身近なとこで、こんなやり取りを出来ないか妄想してみると・・・

「こっちの台が出そうだ」
「それは出ないと思うわ」
「いや、これが出そうな気がする!」
「隣の台にすべきよ。だってアナタ、今日はツイてないんでしょ?」
フッと笑って隣の台に携帯を置くオマサさん。

ようはパチンコ屋での台選び。
オマサさんの日常からすると、こんなとこ止まりではないでしょうか・・・。(遠い目





映画・テレビ | 2010/02/19(金) 13:09 | こめんと:(0)
めっせ~じ
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。