2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
プロフィール

おまさ

Author:おまさ
【ミスラ】【スキュアー】

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
りんく FFXI など!
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- |
#809 今日、僕は二人の女性を失った
地雷(らしき物)を避けたと思ったら
undead3.jpg

別のを踏んでしまうとは・・・・。無念。

ワイルド・オブ・ザ・デッド

undead.jpg

原題: UNDEAD OR ALIVE

思い切りネタバレなので万が一にも見ようと思った方は読まないでね!

舞台は西部開拓時代。
インディアンの族長が白人に呪いをかけ、その呪いによってゾンビが出現してさぁ大変!というお話。

DVDの表紙を見て脱力系だとは分かっていたんだけど、思ってた以上にひどかったw
まずゾンビ化した人のメイクがヒドイw
undead2.jpg
こんな感じでただ顔に黄色い粉を吹かせただけという・・・。
でもそれだけなら昔は青く塗っていただけってのもあるし問題ないんです。
許せないのは、ゾンビなのに会話をして、馬に乗って、銃まで使っちゃうって事。
これって・・・顔色が悪いただの人なんじゃないのか?www

ストーリーは二人組(おバカ)+ヒロインのやり取り(無論おバカな)をメインに陽気でのんびりと進んでいき、なんとなくクライマックスへ向かっていく。

一応ゾンビ達に追い詰められた主人公たち。
最後の砦となった武器庫で応戦している最中、おばか二人組の一人、エルマーが傷を負い呪いが伝染してしまう。
ほう。身を犠牲にして火薬を爆発させるっていうお約束な展開か!と思いきや
なんとエルマーさん火をつける道具が無い。
しょうがないので導火線を引っ張りつつ、先に洞窟から脱出した二人を追うエルマーさん。
どうにか追い付き、もう一人のおバカであるルークに火を付けて貰い、ゾンビどもを一掃した二人。
ヒロインであるスーさんは先に崖を登っていて、ここには居ないらしい。
ここで完全にゾンビとなってしまったエルマーが自殺するのか!と思いきや
ガブ!いきなりルークの頬に齧り付く。
「なにすんだよ!」
「ごめん・・我慢出来なくて・・・つい・・・」
「ゾンビになるなんて怖いよ・・・」
「心配するな!死ぬのも結構いいもんだぜ!」

どんだけプラス思考なんだ!w
ここでスーへと画面が切り替わる。
崖を登りきったスーさん。
若干残っていたゾンビを結構激しいアクションで見事倒してほっと一息。
そこへおバカ二人組が崖を登ってくる。
「無事だったのね!」
近寄ってみると二人ともゾンビ。
意を決したらしいスーさんは雄叫びを上げ、ゾンビとなった二人へ斬りかかって行く・・・!

徐々に暗くなっていき、ああ、こういう終わり方なのね!と思いきや
画面が明るくなり、そこに写っていたのは馬に乗った顔色のいいおバカ二人組。
えーっと?
「シナモンの味がしたなぁ。」
「まだ口の中に味が残っているよ・・・。」(スーさんの
「もう忘れようぜ!」

作中に呪いを解く方法は「術をかけた族長の肉を食べるしか無い」ってのがあったわけですが
実はスーさんはその族長の血縁者。
つまり、おバカ二人組はスーさんを食べて人間に戻れたという意外な結末!
いやぁこれは予想してなかった。
あなどれないぜワイルドオブザデッド・・・。

ここでちょいと考えてみると
「心配するな!死ぬのも結構いいもんだぜ!」って言ってるのにかかわらず
意図的に(そういう発言をしてる)スーさんの肉を食べ人間に戻ったという事を
原題のUNDEAD OR ALIVEにかけてきてるんではないだろうか?
うーむ。ただのおバカ映画かと思っていたけど意外と深い・・・!

そんなわけで思ったよりは良作だったかもしれませんw
意外なクライマックスの他に良かった点は、ヒロインのキレのあるように見えるアクションシーン。
これを全面に押し出して行けばもっと面白くなったかもしれないのに惜しい!

あ、ちなみにラストは冒頭に犠牲になった一家がゾンビとなって蘇り
仲良く街をスキップをしていくというシーンです。

興味を惹かれた方は是非どうぞw



映画・テレビ | 2010/02/08(月) 06:37 | こめんと:(0)
めっせ~じ
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。