2010 08 / 07 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09 next month
プロフィール

おまさ

Author:おまさ
【ミスラ】【スキュアー】

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
りんく FFXI など!
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- |
#856 気になる映画 その2!
世にも珍しいキューバ産のゾンビ映画 

Juan of the Dead


なかなかお洒落だ!


キューバ産だけあって?なんだか不思議なノリ。

2個目のトレーラーを見た感じ、主人公のファンには小太りな相棒がいるらしい。
頼りなさそうなオッサンと小太り・・・。
このコンビで思い浮かぶのは、そう・・・ショーン・オブ・ザ・デッド!
ちょっと参考にはしてるのかなぁ。

ま、でもこの軽いノリ非常に好きです!
劇場公開はするんだろうかw




スポンサーサイト
映画・テレビ | 2010/08/23(月) 21:19 | こめんと:(0)
#855 気になる映画たち
面白そうな映画があった時、今まではツイッターにURLを貼っていただけだったけれど
せっかくなのでブログにもトレーラーなどぺたりぺたり。


まずは、このところ失敗続きの(エアベンダーもいまいちだった)、M・ナイト・シャマランが考えた

DEVIL



CUBEのオマケについてたショートームービーに似てるなぁ。
なんにせよ、エレベーターに閉じ込められた5人がどうなってしまうのか、すんごい気になるね!

ポスターがコチラ
kinin.jpg
扉の隙間から光が漏れてるってだけなんだけど、映画の全てを物語っていそうな感じ。
素晴らしすぎる・・・。
ちなみに監督は別の人らしいです。


お次は
MONSTERS



トレーラー中の音と題名が複数系ってことから、昆虫っぽい怪物がワラワラとやってくるんかな?
ちなみにポスターに書かれている文章は

After six years, they'are no longer aliens.
They're residents.
Now,it's our turn to adapt.

どうやらモンスター達に地球を乗っ取られてしまったらしい。
私たちが適応する番だ。って書いてあるけど、人類はどうなってしまうのか?
早く観たいのぅ・・・w






映画・テレビ | 2010/08/13(金) 21:09 | こめんと:(0)
#854 新天地!
ひょんな事から名古屋で働くことになりました。
既に引越しは完了し、ネットの回線はADSLから光へパワーアップ!

地元の友達の反応は「二週間後には帰ってくるんじゃない?」だったので
三週・・・いや五週間は頑張ろうと思います!


おまけ
少し前に長野で撮った変な雲。
sint.jpg

「ねー。変な雲!」
そう言って指を差した子供にむかって、母親が雲の名前を説明していたけど忘れてしまった!

その他 | 2010/08/12(木) 20:38 | こめんと:(2)
#853 Gunbuster!
2も好きだけど、やっぱし1が好き!

そんなわけで北米版のトップをねらえ!のDVDボックス?が届きました。
aim.jpg
Amazon USAで買って、お値段は送料込みで3000円弱くらい。


開いてみるとこんな具合。北米版にしては丁寧な作りに若干驚き!
aim2.jpg


少し凝ってるディスクデザインw
aim3.jpg


オマケでついてた小冊子。しっかりとKの文字が逆になってるのがステキ!
aim4.jpg


中身はちょっとした設定情報と、エピソードの軽い説明とか。
aim5.jpg


操作画面はこんな感じ。ユングさん超ダッシュ。
aim6.jpg


英語での吹き替えはされてなくて、商品説明のとこにあったように日本語音声のみでした。
スーーパーーーイナズマーーーキィーーーーーック!!とか
英語にするとどうなるのか聞きたかったので少し残念w


それはさておき、トップをねらえ!はオマサさんにとって最高のアニメの一つ。
特に5話目なんて、その辺の薬より効果があるんじゃないでしょうか。
まだ見たことのない人はレンタルか何かで是非見て欲しい作品です!




映画・テレビ | 2010/08/05(木) 01:56 | こめんと:(2)
#852 コマはどうなるのか
インセプション

面白かった!
よくもまぁこんなストーリーを考えつくもんだと素直に感動です。
誰にでも経験がある夢の中での出来事
例えば、高いとこから落ちたら目が覚めた、とか、夢から覚めたと思ったらまだ夢の中だった。
それらを上手いこと物語のキーとなる部分に使っちゃってるんだから凄い!



超絶ネタバレだよ!





さて、この映画で最も気になるのはやっぱりラストシーン。
ミッションを見事達成し、約束通りにマイホームへ帰ることができたコブは
現実か否かを見極めるためにトーテムのコマを回してみるわけですが、ここが大問題。
コマを回し、その結果を見る前に、念願だった子供たちとの再会を果たし庭へと出て行くコブ。
そして画面は机の上の回っているコマに戻る。
このコマが倒れれば現実世界で、回り続けていれば未だ夢の中の世界という事になる。
オマサさんはハッピーエンド主義者なので、倒れろ!と思いながら観ていたのだけど
結局、コマは倒れないまま画面は暗転してスタッフロールへ。
しかしながら望みは未だ捨てないオマサさん。
きっとスタッフロールが終わった後に、倒れているコマのカットが入るはず!
ハラハラしながらスタッフロールを眺め、そして・・・特に何事もなく糸冬!

がびーん。
コマが倒れなかったって事は、実はコブはミッション中の夢から脱出する事はできず
子供たちとの再会も夢だったってことになるわけで・・・。
しかし!暗転した後にコマが倒れたって可能性もないわけじゃない・・・・。

が、ここでオマサさんが気になったのは飛行機内でコブが目を覚ました時の状況。
現実に戻るか戻れないかの瀬戸際を見守っているなら、普通心配そうな顔で見守っていそうなのに
コブが目を覚ました時の仲間の表情は皆笑顔。
これはきっと、ここからコブが思う理想の夢の世界って事を示唆してるのでは・・・。

つまりやっぱりバッドエンド・・・?
とは言うものの、本人が夢だと気づかないままなら、それはそれでハッピーエンドなわけで。
現実にせよ夢の中にせよ、コブにとってはハッピーエンドって事になるのかなぁ。

見落とした部分もあるかもしれないので、是非とももう一度映画館で見てみたいな!




漫画・小説 | 2010/08/04(水) 23:42 | こめんと:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。