2010 04 / 03 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05 next month
プロフィール

おまさ

Author:おまさ
【ミスラ】【スキュアー】

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
りんく FFXI など!
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- |
#831 完全に親バカです
タイタンの戦い


面白かった!!
それだけにもったいない!非常にもったいない!
これはもったいないお化け出るレベル。

*ネタバレしますので注意




「人々が偉大なる神に戦いを挑む」
この設定だけで脳汁が溢れ出だし、開始早々映画に引き込まれるオマサさん。
ハデスの黒い霧を纏いながらの登場にはかっこええ・・・と口を開けたまま感嘆し
主人公やお気に入りのオッサンのピンチには息を飲む。
話のテンポもいいし、BGMも壮大ですごく盛り上がる。
これは本当に楽しい・・・!
では、おまささんは何がもったいないと思ったのか?


それは終わりよければ全てよし、とまでは言わないけれど映画にとって重要なラスト。
そのラストが道中に比べると盛り上がりに欠けてしまっていた事・・・。
RPGで言うなら、辿り着くまでは苦戦の連続だったけど、ラスボスはアイテムを使うだけでアッサリ倒せちゃった。そんな感じ。
姫が海に落ちて時間が無かったとは言え、せめて3分くらいはハデスと激しいバトルを繰り広げて欲しかった・・・。
一番盛り上がったとこが途中出てきた巨大サソリとの戦いだった、なんて言えやしない・・・
言えやしないよ;

あとは仲間がメドゥーサとの戦いで全員やられてしまった事。
その後の展開を考えると、そうせざるを得なかったんだろうけど
皆、味のある人らだっただけにちょっと残念。
特に男気溢れる隊長には最後まで活躍して欲しかった・・・!!

とは言え、映画館で観る価値は十分にあると思う。
更には3Dで見れればもっといいかも・・・。
どちらかと言えば、アリスよりもこっちを3Dで観たかった。
もし行きつけの映画館で3D上映をしているのなら、3Dで観るのがオススメどえす!




スポンサーサイト
映画・テレビ | 2010/04/25(日) 03:05 | こめんと:(0)
#830 Googleリーダー始めました
「ブログやっていながら使ってなかったのが信じがたいw」
「お恥ずかしい・・・・w」

その名前とおおまかな内容は知っていたけど使っていなかったGoogleリーダー
とあるにゃいとに勧められ導入してみたところ、なんで今まで使わなかったんだろ・・・
そう思うほど便利だった。
言うなれば、気に入ったサイトやブログを登録する「お気に入り」のパワーアップ版みたいなもんかな?
「お気に入り」がサイトの名前のみしか登録できないのに対して
Googleリーダーはそれに加えて、そのサイトが更新されたか否か、尚且つその記事の内容をざっと見る事ができちゃう。
単にこれだけの事なんだけど、幾つかのサイトを巡るのも面倒で一ヶ月くらい見に行かなかった。
なんて事がざらにある、ものぐさなオマサさんにとっては凄くありがたい!
(勿論それだけじゃなく色々な機能がある)

画面はこんな具合で
gugur1.jpg
左側に登録したサイトが表示されて、括弧内の数字は更新された記事の数。
右側にざっと記事の内容が表示される。
興味があればタイトルをクリックすれば即座にサイトに飛んで続きを読むことができるし
興味がなければスルーすればいい。
うーむ、便利!!

友達とも共有できるようにも出来るので、オススメサイトを登録しあったりすれば楽しそうだなぁ。

ちなみにサイトの登録の仕方は
リーダー設定画面追加タグのとこで、この「登録」ってのをドラッグしつつ
ブラウザの上のバーにぶちこめば準備完了。
gugur2.jpg

あとは登録したいサイトに辿り着いた後「登録」をクリックすればおk。
gugur3.jpg
中にはトップページでは無理なサイトや、登録ができないサイトもあるようなので
多少の工夫や妥協が必要かもしれない!


スマートフォンを持っている方はアプリを入れれば
いつでもどこでも登録したサイトの新着記事を見ることが出来るので超おすすめ。

Androidなオマサさんが使っているのは今のところ

gugur4.jpg
「NetaShare」

gugur51.jpg
「FastReader」の二つ。

本当ならデザインが綺麗で見やすいNetaShareの一つに絞りたいとこなんだけど
何故か登録したサイトを全て表示してくれないのが珠に瑕。

例を挙げると・・・登録したカテゴリの「その他」

FastReaderなら5つのサイト全部表示してくれているが
gugur81.jpg

NetaShareでは5つのうち一つしか表示してくれない。
gugur7.jpg

時間が経ったりサイトが更新されれば表示されるようになるのかなぁ・・・。
とりあえず、そんなわけで暫くは二つのアプリで様子見の予定。


今更!と言われるかもしれないけれど、未だGoogleリーダーを導入してない方は導入を検討し
更にスマートフォンを持っていればアプリも入れてみてはどうでしょうか?
FF11のマクロと同じで登録は少し面倒だけど、その後は快適に過ごせること間違いなし!



携帯・Android | 2010/04/22(木) 02:42 | こめんと:(2)
#829 チェシャ猫!チェシャ猫!!
アリス・イン・ワンダーランド 3D

最寄の映画館もついに3Dの波に乗ったようで、ばっちり3D版を観てきました。
勿論料金は300円増し。
思わず避けたり、手を出したりしちゃうほど迫力が出るのは確かに凄い。
けど、わざわざ3Dにしなくてもいいんじゃない?とも思っていたり。
2Dでも3Dでも面白い映画は面白いし、つまらない映画はつまらない。
それをやたらめった3Dにして、その分の料金を取るのは間違っているんじゃないのかなぁ。

さて、肝心の映画の感想は・・・最初はドッキドキが止まらない。
なんてったって、アリスが怪しげな飲み物やお菓子を食べる度に体が小さくなったり
大きくなったりするわけですから・・・・

        omowazu11.jpg           
                        omowazu22.jpg

       omowazu33.jpg

                  omowazu44.jpg

こんな具合に邪な想像をしちゃうのはオマサさんだけじゃないはず。
知らないけどきっとそう。
ちなみに、伸縮率がすごい服や生垣のおかげでファミリーでも安心して観ることができますよ!


そしてもう一つ、大抵の人は気づいてしまうのではないでしょうか。

すさまじいインパクトを誇る「赤の女王」と
omowazu5.jpg




バカ殿がなんとなく似ているという事を・・。
omowazu6.jpg

これに気付いてからの5分間は笑いを堪えるのに必死だったオマサさん。
その後も赤の女王がでてくるたびにバカ殿の顔がポッと頭に浮かんで非常にデンジャラスだった・・・。


ストーリーは少し詰め込みすぎで駆け足気味に進んで行く感じ。
原作をしっかり読んでいないのもあってか、どうしてそうなったのか?って部分が幾つかありました。
世界観が良かっただけに、もうちょっと丁寧に展開していって欲しかったなぁ。
それでも100分弱しっかりと楽しめると思うし、家で観るより映画館の大きなスクリーンで観た方がいい映画だとは思う。
ただ問題は通常料金の1800円+3D料金の300円を足すと2100円になってしまう事。
2100円を出す価値があるのか?って聞かれると、ありますとも!とは言いにくい・・・。
なので!
これから観に行く方は、値段が安くなるレイトショーを狙っていくのがオススメ。
2Dなら1200円だし3Dなら1500円。(近所の映画館の値段設定
この値段なら出しても損はないんじゃないかな!



映画・テレビ | 2010/04/19(月) 00:07 | こめんと:(4)
#828 嗚呼、エスプガルーダ!
Xboxの電源をいれ、起動しつつあるテレビ画面を見ながら昨日から今日にかけての出来事を思い出す。


いつものようにツイッターやチャットをしていたオマサさんは、ふと思いたち
にゃいとにある質問をした。
「シューティングゲームとかってやらないの?」
「iPhone用のやつが凄いって話を聞いたので落としてみたよ」
同時に貼られたURL。
そのURLの最後の単語を見た瞬間、オマサさんは悟った。
しかし、まさか・・・あのゲームを携帯電話でプレイする事ができるのか・・・?
半信半疑でURLからリンク先へ飛ぶ。
そして・・・


esp5.jpg

「狂ったように弾がとんでくる」



bakan2.jpg

なんとまさかのエスプガルーダII iPhone版
この時ほどiPhoneが欲しいと思った事はない。
あのエスプガルーダIIがトイレでも・・・横になっていても・・・会社でもできるなんて・・
いや待てよ・・・iPhone版があるのならAndroid版も出るのでは・・・?
その考えを予期していたかのように、にゃいとが言う。
「Androidだと画面サイズが固定できないから無理のようだ」
「ナニーーーー」
詳しい事は分からないが、にゃいとが無理というのならそういう事なんだろう。
「よくできているな。操作性が半端ない。」
お粗末な作りではなく、しっかりと丁寧に作られているらしい。
これは非常にやってみたい・・・。
かと言って今更iPhoneにするわけにもいかない。
「9月くらいにipad買うか・・・」
「キンドル買ったのに?」
「たしかに・・・」
「あれだ、シューティングは大画面でやったほうがいいし;」
「そうだね」
「おれはテレビで楽しむ事にする;」

アビリティ:すっぱい葡萄を発動させ、事の収拾を図ったオマサさん。
これで全てが終わったように思えた。

次の日、つまり今日、にゃいとが寝る前にクリアをしたようなので詳細を聞いてみる。
「クリアしたのってノーマルモード?だとするとなかなかの腕前・・・」
数秒後、返ってきた答えを見たオマサさんは再び愕然とする。

「エキスパート」

「ナニー・・・あの弾幕を避けるとは・・・・」
「よく見てれば、あいているところわかるしプログラムの癖がある」

オマサさんはノーマルすらクリアする事ができず、ノービス(初心者用)で楽しんでるというのに・・・。
それを、昨日辺りに初めてプレイをしたにゃいとがサクッとクリアするなんて・・・。
あまりのショックに70分ほど落ち込み、ぼーっと昼飯を食べていると、ある考えに思い至る。
これは逆にチャンスなのではないか・・・?
ノーコンティニューに加え高得点を叩き出す事ができれば、にゃいとは相当悔しがるのでは・・・?

そうとなれば出来る限り情報を集めた方が有利に違いない。
まずはシステム面をしっかりと復習し、キャラクターの長所短所を知る。
技を使うタイミング、ちょっとしたテクニック・・・。
ふんふんなるほどなるほど・・・これならいける・・・にゃいとに勝てる・・・!!



気がつくとゲームは起動しデモが流れ始めていた。
選ぶのはもちろんiPhone版でも選択可能なアーケードモード。
基本的な流れをイメージし、精神の統一を図る。

ずっとこの時を待っていた・・・


必ず死なす!!!









esp.jpg



esp2.jpg




esp3.jpg




esp4.jpg






          esp6_20100415001520.jpg





    esp7.jpg


寝ました。



X箱360 | 2010/04/14(水) 14:30 | こめんと:(4)
#827 続・Once upon a time
いきなり本題いっちゃう。

ながーーーい説明書が終わると(飛ばしたけど)メニュー画面が表示され
そこにはなんと、既に自分の名前が!(Amazonでユーザー登録をした時の名前
zokuk.jpg
どうやらAmazon側で全て登録を済ませてくれていたようで、これにはちょっぴり感動・・・。


さて、そいではいよいよキンドルストアーで本を購入してみる。
zokuk2.jpg
本・新聞・雑誌の三つのジャンルがあるけど、前もって面白そうな本に目星をつけてあったので

画面下のサーチのとこで
zokuk3.jpg
ぽち、ぽち、ぽちと可愛いボタンでタイピング。
んでもってエンター!

1番と3番の違いはよく分からないけど、ばっちりお目当ての物が表示された。
zokuk4.jpg
theとtが抜けてたのはご愛嬌という事でお願いしたい。

詳細画面はこんなん。
zokuk5.jpg
本国だと5.50ドルで買えるところ、日本では2ドル増しでお値段は7.50ドル!
ぬう・・・と、言っても普通に買うよりは安いのかな。
たとえ安くなくとも、オマサさんはそう信じて生きていきたい。
(通信費か何かが含まれているようで、どの本を買っても2ドル増のようです)

買うと決めていても一応サンプルを試してみる。
ポチっとすると、しれっとダウンロードが始まり、数秒後には
zokuk6.jpg
はい、サンプルはいりましたー!

最初の何ページかがバッチリ読める。この辺は立ち読み感覚って事なのかな。
zokuk7.jpg

さっきの画面へ戻って、今度は製品版を購入。
ポチっとするとクレジッドカードの番号が表示され
zokuk8.jpg
もう一回決定すると

お買い上げありがとう!的な事が表示されてダウンロードが開始される。
zokuk94.jpg

数十秒後には
zokuk9.jpg
はい、製品版はいりましたー!


さらに目星を付けてあった漫画
zokuk92.jpg
「I am an alien. I have a question 01」を今度はネットから購入してみる。

既にデータの送信先が登録してあり、ただ決定するだけでおkだった。
zokuk93.jpg

本体で勝手にダウンロードが始まり、数十秒後には開けました!
zokuk91.jpg
ちゃんと読める!感動だ・・・。
これは安倍吉俊さんが以前に出した同人誌「宇宙人ですが質問です。」
をキンドル用に再編集して個人で出版した物。
こうなってくると、もうすぐiPadも出るし、ますます個人にチャンスが生まれるように思う。
何人かで集まって雑誌を作ってみるってのも可能になりそうだなぁ。


何日か使ってみての感想は、素晴らしいの一言に尽きる!
ウリの一つである電子インクを使った特殊な画面は、本当に紙に書かれた字を見ているようで
何の違和感もない。画面を見ているはずなのに画面じゃない・・・とっても不思議。
実際に使ってみないと分からないかもしれないけど
この驚きと感動は、江戸時代の人がテレビやライターを見て驚くのに相当するのでは・・・。
なんというか、最近では少なくなった未知の物に触れる喜びが味わえたんだと思う。

操作性は凄くシンプル。
本を買うにしても、読むにしても全ての操作が3~5ステップ内で完了する事ができる。たぶん。
これなら面倒くさがりでも全く問題なさそうだ。
むしろ、本を店に買いに行く手間が省けて、面倒くさがり向けなツールなのかもしれない。


今後の展開はどうなっていくかは分からないし、更に良い物が出るのは間違いないけど
もし迷ってる方がいたら、決して悪い買い物にはならないんでないかな。

あ、買う時のコツとしては寝る前に注文する事。
朝起きた時にはキャンセル不可になっているので、後は腹をくくって待つのみという荒技w
お試しあれ!!


kindle | 2010/04/10(土) 22:48 | こめんと:(0)
#826 Once upon a time
本ってのは紙じゃないと読む気がしないんだよね。
そう思っていたアナログちっくなオマサさん。
ふと見かけた『キンドルの衝撃』という本を読んでキンドルに激しく興味が沸いたのです。
画面は特殊な液晶を使っていて字が見やすく目にも優しい。とか
読み上げ機能がなかなかイケてる。とか
辞書機能がついてる。とか
そしてその夜、その手の事に強い友人に相談してみた結果・・・ぽちっ


kindle2.jpg
長い道程を経て・・・(アラスカまで行ってることに驚き



ねんがんの きんどる をてにいれたぞ!!

kind3.jpg
注文して4日で届くとか早い・・・早すぎる!
世界は狭くなったなぁといっちょ前に感じたりもする。


まずはお約束のコレ!
kind4.jpg
昔々・・・。

入っていたのは、本体、USBケーブルと説明書。
kind5.jpg

これもまたお約束で大きさ・薄さ比べ。
kind6.jpg
ハードカバーと同じサイズで文庫本よりは大きい。
わざとハードカバーと同じサイズにしたのかな。だとしたら、なかなかニクイ演出だ。

薄さはこんなん。
kind7.jpg
色々なサイトに載っていたけど本当にうっす!!!
すごい時代になったもんだ・・・。

おまけで側を通りかかったオリツさんとも。
kind8.jpg
特に興味はないらしい。

USB端子はすっごく小さくて、ガサツなオマサさんは差し込む度に壊しやしないかとドッキドキ。
kind9.jpg
こりゃ丁寧に扱わねば・・・。

ここで疑問に思ったのが充電用にコンセントは付いてるけど
PCと接続するためのUSB端子ケーブルがなかった事。で、色々いじくり回してみたら
kind91.jpg
なんとまさかの二段階右折的な構造!全然気づかなんだ。

もうひとつ驚いたのがコレ。
簡単な説明が保護シートに印刷されてるのかと思いきや
kind92.jpg
画面が自ら表示していたものだった!
こんなサプライズまで用意しているとは・・・こやつなかなかできるゾ!


いよいよ電源投入。
kind93.jpg
こんな画面になってから延々と説明が続く。もちろん読まないで飛ばしたけどね!

画面切り替えはこんなん。
kind94.jpg
ぱぁと暗転してから次のページへ。(この瞬間を撮るのに結構苦労した!
賛否両論あるようだけど気にするほどの事でもないように思う。


長くなってもあれなので、第2部へ続きますよ!



kindle | 2010/04/09(金) 20:30 | こめんと:(0)
#825 おヒゲが長くなってますわよっ!
放置していたアルタナミッション、一気に進めて実装している分は終了!
これも全部フレやLSの皆のおかげであります。ありがたや・・・。

まずはケット・シー満載で思わずSSも満載な『禁断の口』から。(ねたばれ注意


悪いケット・シー、ケッヘの悪巧みにより、大ピンチに陥るプレイヤー一行。
m1.jpg

皆がアトモスに呑み込まれてしまえば全てが終わってしまう。
m3.jpg

慌てふためくケット・シー達。さぁどうするアイフル・・・そしてお腹ふかふかそう・・・。
m2.jpg

「ア、アワワヮヮ、どうすんだよっ!」
「ど、どうしましょうっ?どうされるの?」
「オチツケ!シントーをメッキャクするのダ!」
「ミンナ!アルタナさまの・・・アルタナさまの、おコトバをおもいだすンだ・・!」
「・・・マ、マガーツ、ボシーのあるトコロー?」
「アーカツキーのシンペイさんが、おりたちてー・・・♪」
「メーガミーのさずけしーツーバサもテー?」
「トッコヤッミーてっらすっ♪」
「ヒカリーとーならンー・・・♪」
「・・・」



m4.jpg
「この、コ、が・・・?」
「そうよっ!このコたちが・・・」
「アカツキのシンペーさん、ですわっ!」
「このコたちが、未来を・・・勝ち取ってくれるはずよン・・・!」
「ほんとカナァ・・・?」
「ええ!みなさん、覚悟はよくって!?」

そう言うとリリゼットとプレイヤーを救うべく、自らアトモスに呑み込まれて行くケット・シー達。
「キミたち、おねがいネ?」
「なんだか、チョットたよりないけど・・・」
「しっかりやれヨ!」
「これもまたアルタナさまのゴイシか・・・」
「アータたち、短い間だったけど・・・楽しかったわよン!」
m5.jpg

何この感動劇場・・・オマサさんちょっと涙目。ケット・シーーーーー!;
と、何やら5匹を呑み込んだアトモスの様子がおかしい。


ンニュニュニュニュ・・・



ンニャーーー!!


m6.jpg






waaaaaa.jpg

で、でけええ・・・・w
どうやらアトモスの中で5匹が合体してニュー・ケット・シーに生まれ変わったらしい。
しかし、デカイ状態のまま戦うのかと思いきや、すぐに縮んで元の大きさに落ち着くケット・シー。
それでも一応合体した影響はあったらしく、本人曰く、オヒゲとシッポがちょびっと伸びたとか。
m7.jpg
確かに伸びている気もする・・・。

で、この後はケッヘとのBCバトル『禁断の口』
リリゼットが参戦してくれるわけですが、これがまた強いのなんのって!
FF史上一番頼れるNPCかもしれない。
m8.jpg

隅のほうでボーっと白と黒の二人でケアルをしているだけで完全勝利。ちょーらくちん。
ログを見てみると掛け声の後にクリティカルを連発しているので
両親のジョブをそのまま受け継ぎ、踊り子と戦士のハイブリットになってるんではないでしょうか。
未来戦士リリゼット・・・恐ろしい子・・・!


おまけ
ニュー・ケット・シーの縮む様子を見ている時のリリゼットの表情劇的ビフォアー・アフター。
m91.jpg

おまけ2
リリゼットを慰めるケット・シー。
m9.jpg
ああん、可愛いすぎる;




FF11 みっしょん・BC | 2010/04/07(水) 22:52 | こめんと:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。