2017 04 / 03 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05 next month
プロフィール

おまさ

Author:おまさ
【ミスラ】【スキュアー】

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
りんく FFXI など!
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- |
#927 キンドルとキンドル
Kindle Paperwhiteが届いたよ。
kid1.jpg
予定では25日だったのに・・・これはちょっとしたサプライズっす!

初めてキンドル(米国版)を買ったのは2010年の4月。
それからずっと日本のアマゾンでも電子書籍を扱えばいいのに。と思っていたけど、実現したのは約2年と半年後。
ちょっとした夢が叶ったようなものなので嬉しいなぁ。
次の段階は、どんなジャンルの本でも、紙の本の発売とダウンロード販売のできる日が同じ日になる。って事だろうけど、いつになる事やら・・・。
せめて5年後くらいには実現するといいな!


さて、以前に買ったキンドル(第2世代)と比べてみると

kid7.jpg
大きさが違う!キーボードがついてない!

重ねてみる。
kid3.jpg
一回りくらい小さくなったのかな。

こうやって比べてみると分かるけど、より文庫本の大きさに近づいてる。
kid4.jpg
あ、ヘビ女物語はオススメです。

洋書と比べてみると幅が少し大きいだけで高さは小さくなってる。
kid5.jpg
あまり小さくても見難いし、このあたりが大きさの最終段階になりそうな感じ。


キーボード式からタッチパネルになった使い勝手は可もなく不可もなく。
要は丁度いいかな?
おまささん的には、押せば確実に捲れるボタンのほうが好きだけど!

kid2.jpg
あとはバックライトがついたんで、読みやすく目には優しくなってるね!


で、届く前から考えていたパトレイバー全巻を一気にポチるオマサさん。
普通に中古で揃えれば3000円以内に済むのに、おのずと新品扱い?なので420円かける22冊。
このあたりがお財布には優しくない・・・。
購入が済むと勝手に端末(漫画の場合はwifi必須)に飛ばしてくれる便利機能なんだけど、15巻のダウンロードを始めようとしたとこでこの表示。
kid6.jpg
どうやら小説にくらべると漫画は容量が大きいのか、15冊前後でいっぱいになってしまうみたい。
でもまぁ何冊も持って歩くよりは遥かに楽だし、wifiが繋がってれば数秒で出し入れできるので特に問題はないかな。
唯一問題があるとすれば、購入がお手軽なのでぽんぽん買ってしまう可能性があるという事・・・。
アマゾンの戦略にはまらないように気をつけないとね!(とき既に遅し





スポンサーサイト
kindle | 2012/12/11(火) 22:11 | こめんと:(0)
#827 続・Once upon a time
いきなり本題いっちゃう。

ながーーーい説明書が終わると(飛ばしたけど)メニュー画面が表示され
そこにはなんと、既に自分の名前が!(Amazonでユーザー登録をした時の名前
zokuk.jpg
どうやらAmazon側で全て登録を済ませてくれていたようで、これにはちょっぴり感動・・・。


さて、そいではいよいよキンドルストアーで本を購入してみる。
zokuk2.jpg
本・新聞・雑誌の三つのジャンルがあるけど、前もって面白そうな本に目星をつけてあったので

画面下のサーチのとこで
zokuk3.jpg
ぽち、ぽち、ぽちと可愛いボタンでタイピング。
んでもってエンター!

1番と3番の違いはよく分からないけど、ばっちりお目当ての物が表示された。
zokuk4.jpg
theとtが抜けてたのはご愛嬌という事でお願いしたい。

詳細画面はこんなん。
zokuk5.jpg
本国だと5.50ドルで買えるところ、日本では2ドル増しでお値段は7.50ドル!
ぬう・・・と、言っても普通に買うよりは安いのかな。
たとえ安くなくとも、オマサさんはそう信じて生きていきたい。
(通信費か何かが含まれているようで、どの本を買っても2ドル増のようです)

買うと決めていても一応サンプルを試してみる。
ポチっとすると、しれっとダウンロードが始まり、数秒後には
zokuk6.jpg
はい、サンプルはいりましたー!

最初の何ページかがバッチリ読める。この辺は立ち読み感覚って事なのかな。
zokuk7.jpg

さっきの画面へ戻って、今度は製品版を購入。
ポチっとするとクレジッドカードの番号が表示され
zokuk8.jpg
もう一回決定すると

お買い上げありがとう!的な事が表示されてダウンロードが開始される。
zokuk94.jpg

数十秒後には
zokuk9.jpg
はい、製品版はいりましたー!


さらに目星を付けてあった漫画
zokuk92.jpg
「I am an alien. I have a question 01」を今度はネットから購入してみる。

既にデータの送信先が登録してあり、ただ決定するだけでおkだった。
zokuk93.jpg

本体で勝手にダウンロードが始まり、数十秒後には開けました!
zokuk91.jpg
ちゃんと読める!感動だ・・・。
これは安倍吉俊さんが以前に出した同人誌「宇宙人ですが質問です。」
をキンドル用に再編集して個人で出版した物。
こうなってくると、もうすぐiPadも出るし、ますます個人にチャンスが生まれるように思う。
何人かで集まって雑誌を作ってみるってのも可能になりそうだなぁ。


何日か使ってみての感想は、素晴らしいの一言に尽きる!
ウリの一つである電子インクを使った特殊な画面は、本当に紙に書かれた字を見ているようで
何の違和感もない。画面を見ているはずなのに画面じゃない・・・とっても不思議。
実際に使ってみないと分からないかもしれないけど
この驚きと感動は、江戸時代の人がテレビやライターを見て驚くのに相当するのでは・・・。
なんというか、最近では少なくなった未知の物に触れる喜びが味わえたんだと思う。

操作性は凄くシンプル。
本を買うにしても、読むにしても全ての操作が3~5ステップ内で完了する事ができる。たぶん。
これなら面倒くさがりでも全く問題なさそうだ。
むしろ、本を店に買いに行く手間が省けて、面倒くさがり向けなツールなのかもしれない。


今後の展開はどうなっていくかは分からないし、更に良い物が出るのは間違いないけど
もし迷ってる方がいたら、決して悪い買い物にはならないんでないかな。

あ、買う時のコツとしては寝る前に注文する事。
朝起きた時にはキャンセル不可になっているので、後は腹をくくって待つのみという荒技w
お試しあれ!!


kindle | 2010/04/10(土) 22:48 | こめんと:(0)
#826 Once upon a time
本ってのは紙じゃないと読む気がしないんだよね。
そう思っていたアナログちっくなオマサさん。
ふと見かけた『キンドルの衝撃』という本を読んでキンドルに激しく興味が沸いたのです。
画面は特殊な液晶を使っていて字が見やすく目にも優しい。とか
読み上げ機能がなかなかイケてる。とか
辞書機能がついてる。とか
そしてその夜、その手の事に強い友人に相談してみた結果・・・ぽちっ


kindle2.jpg
長い道程を経て・・・(アラスカまで行ってることに驚き



ねんがんの きんどる をてにいれたぞ!!

kind3.jpg
注文して4日で届くとか早い・・・早すぎる!
世界は狭くなったなぁといっちょ前に感じたりもする。


まずはお約束のコレ!
kind4.jpg
昔々・・・。

入っていたのは、本体、USBケーブルと説明書。
kind5.jpg

これもまたお約束で大きさ・薄さ比べ。
kind6.jpg
ハードカバーと同じサイズで文庫本よりは大きい。
わざとハードカバーと同じサイズにしたのかな。だとしたら、なかなかニクイ演出だ。

薄さはこんなん。
kind7.jpg
色々なサイトに載っていたけど本当にうっす!!!
すごい時代になったもんだ・・・。

おまけで側を通りかかったオリツさんとも。
kind8.jpg
特に興味はないらしい。

USB端子はすっごく小さくて、ガサツなオマサさんは差し込む度に壊しやしないかとドッキドキ。
kind9.jpg
こりゃ丁寧に扱わねば・・・。

ここで疑問に思ったのが充電用にコンセントは付いてるけど
PCと接続するためのUSB端子ケーブルがなかった事。で、色々いじくり回してみたら
kind91.jpg
なんとまさかの二段階右折的な構造!全然気づかなんだ。

もうひとつ驚いたのがコレ。
簡単な説明が保護シートに印刷されてるのかと思いきや
kind92.jpg
画面が自ら表示していたものだった!
こんなサプライズまで用意しているとは・・・こやつなかなかできるゾ!


いよいよ電源投入。
kind93.jpg
こんな画面になってから延々と説明が続く。もちろん読まないで飛ばしたけどね!

画面切り替えはこんなん。
kind94.jpg
ぱぁと暗転してから次のページへ。(この瞬間を撮るのに結構苦労した!
賛否両論あるようだけど気にするほどの事でもないように思う。


長くなってもあれなので、第2部へ続きますよ!



kindle | 2010/04/09(金) 20:30 | こめんと:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。