2017 03 / 11 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10 next month
プロフィール

おまさ

Author:おまさ
【ミスラ】【スキュアー】

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
りんく FFXI など!
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- |
読んだ本(図書館で借りてきた)
・暮らしうるおう江戸しぐさ
・お江戸でござる 現代に活かしたい江戸の知恵
・江戸の敵をなぜ長崎で討つのか
・大江戸生活事情
・お江戸ガールズ
(夜明けと共に起き、日が沈むと共に寝る。自然の一部として生活をしていた江戸の人々。
せかせかと生きる現代人は(自分含め)彼らに見習うべき事は多々あると思う。

火災や地震にあっても大して気にしない、むしろ始まりを感じる→住居は簡素で物に執着が無い。
→立て直しやすい
店やサービスなどは現代となんら変わらない。むしろアイディア豊富
100円ショップのような店、通販店(大人の玩具なども!)、レンタルショップ、お得意様には旅行券や商品券もプレゼントしていた。
食についても豆腐を使った料理100種とか大根を(略)等、様々なレシピ本も出ていた

いい学校に行き、いい会社に行く・・・そのような考えの今とは違い、生まれた家(身分)で将来がある程度決まっていたので将来の心配はせず、その日その日をしっかりと生きていた
ちなみに身分制度(士農工商)といっても本人たちは気にしてなかった(知らなかった)
塩、コショウ?なにそれおいしいのって感じ。知られ始めたのは明治時代になってから


・食の鳥獣戯画
(肉食は禁止されてたっていうけど、結構お肉食べまくり)

・江戸の怪奇憚

・小泉八雲作品集1~3
(景色の描写が素晴らしい・・・。特に一巻!)

・ひ弱になる日本人の足(館内でぱっと見)
(日本における平均身長は高くなる一方と思われがちだが、波があって次第に再び低くなっていく説もある
似たもの同士が結婚する事で自己家畜化現象が進むらしい。要はデコボコ夫婦推奨?)

・鬼の研究
みちのくの安達ケ原の黒塚に鬼こもれりと聞くはまことか
題名の通りの内容。たまに見かける漫画の元ネタとなっている話も載っていたりで面白い。
色々と想像が広がるのでちょくちょく借りたいと思う。

・女王陛下のユリシーズ号
初めて読んだかもしれない戦争もの。
護衛艦ユリシーズの奮戦記。女っ気は全く無いが面白い。これは男の子の読み物だね!
お気に入りはのラルストンやキャリントン。
ヴァレリー艦長が宇宙戦艦ヤマト艦長沖田十三とかぶる。二人とも病気ながらも出航しているし・・・。

・暦と迷信 
無知が迷信を生み、はびこらせる

・バナナと日本人 
昔の本だけど、原産国が如何に不利なのかという事がわかった

・明日をどこまで計算できるのか? 
おもしろい。古代の天体についての研究から、現代、未来のためにどうすべきなのか。わかりやすく書かれている。章の最初にある引用も興味をひかれる。返して借りてで4週間くらい借りている・・。なぜ人類は天体を研究したのか?→定期的で分かりやすかったから。人間は見たいと思っている物を顕微鏡の中に見る。買ってしまいたい・・・。

・キンドルの衝撃 
・・・思わずキンドル買ってもうた!

・画像メディア工学 ―メージ解析から出力まで,初心者のためのマルチメディア入門書―
3D画像の仕組みや、ワンセグについて、難しい事もあったけど色々と知る事ができた。

・人口論
これを書いたマルサスさんは相当批判されたとか。
人口は制限されなければ幾何級数的に増加するが生活資源は算術級数的にしか増加しない。→負のフィードバックが働き人類減る

・理系思考
賛否両論あったようだけど、扱っているネタが多く知るきっかけになるし、おもしろい。
新聞のコラムに連載されていたものなので、文の書き方の勉強になる。

・理工系の基礎知識 大学4年間をムダにしないために
これでお勉強しなおし。
スポンサーサイト
メモ的なもの | 2000/11/23(木) 19:16 | こめんと:(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。