2017 03 / 11 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫10 next month
プロフィール

おまさ

Author:おまさ
【ミスラ】【スキュアー】

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
りんく FFXI など!
月別アーカイブ
RSSフィード
ブログ内検索
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- |
#950 ブルーレイなのに!
Enter Enter Mission!
そんなわけで、日本版を買うのをグッと我慢したガールズ&パンツァーの北米版Blu-Rayが届いたよ!
ent4.jpg


おまささんが日本アニメの海外版DVD(box)に目をつけたのはたぶん5,6年前。
その頃と比べると事情が変わってきてるようで、今回のガルパンだとDVDの場合、強制字幕や音声の選択ができないって話もみかけるし、Blu-Rayの場合は、再生するソフトや機械によっては、リージョンが~って表示されて再生できないケースもある。
ちなみにPS3では再生可能らしい。

おまささんは Corel WinDVD BDとMacgoってやつを使っているんだけど
前者ではブルーレイのくせにリージョンがどうので再生してくれない。
後者で再生してくれたんで良かったけれど、DVDじゃないんだからリージョンコード云々ってのは勘弁してくれって感じだよね。

そのMacgo。
ent2.jpg
使い勝手はいいんだけど、なぜかディスクのメニュー画面を表示する能力がないようで、どの映画やアニメを再生してもこんな画面↑になってしまう。

さらには特典映像等も、その他のタイトルに入ってしまってるので、勘で探すしかないという直感重視な仕様。
ガルパンの場合、本編を再生すると何故か第2話からスタートする。
これにはさすがにビックリして、北米版って第1話カットされてんのかよ!と思ってしまったレベル。
実際は、並びがバラバラになっているだけで話自体はきちんと収録されていたんで、おまささん一安心。
ent3.jpg
この中のどれかが1話だ!

そして何よりも残念だったのは著作権の問題か何かで、カチューシャの歌が差し替えられていたところ。
別の歌を歌ってくれるわけでもなく、ただ曲が流れているだけ。
これには北米の全カチューシャ&ノンナファンは、さぞがっかりしたことでしょう・・・。
ちなみに北米版の発売元はSENTAI FILMWORKS。
ここは他の会社に比べると制限が多いイメージかな。

ブルーレイが出たせいなのか、日本からの購入者が増えたせいなのか、コンプリートボックスをvol.1、vol.2に分けるのが主流になりつつ(特に人気作品)あるようだし、日本語音声を収録してないのもあるって話も聞くし、なんだかキナ臭くなってきている感じ。

ついでに最近気になってるのは、北米アマゾンのこれ↓
We are not able to ship this item to your default shipping address.
アナタのお住まいの地域には発送できません。て事なんだけど、少し前は普通に買えたもの(海外ドラマのボックスとか)にこの表記が表示されていて、日本からは買えないようになってること。
日本のアマゾンで買えるものもあるっちゃあるんだけど、今後、コレがどんどん増えていったら・・・。

どうにかそれだけは勘弁してくださいアマゾン様!



スポンサーサイト
映画・テレビ | 2013/12/09(月) 02:23 | こめんと:(0)
#947 RWBY
以前から少しずつトレーラーが公開されていたRwby。
そのどれもが格闘ゲームのアクションのようにかっこよくて、DVDの発売を心待ちにしていたオマサさん。
待ちに待って(忘れていたこともあるけれど)・・・ついに

念 願 の ブルーレイ を 手 に 入 れ た ぞ!
ru7.jpg
(夏から順次配信されていたのは知らなかった人)


まず最初に、使っているソフトが悪いのか、元からなのか、字幕(英語)が表示されねぇぇぇ。
英語があまりできないオマサさんは、北米版のDVDを買ったときは、なんとなく把握する能力と字幕を駆使して
なんとかストーリーを追っているのだけど、これはマズイ。
でも見ていると、思ったよりはキャラクター同士のやりとりがシンプルだったので、大体は分かるか・・な・・・。


内容はトレーラーから察するに、アクション重視でシリアス路線なのかなぁと思いきや、主人公のノリが軽くて
全体的にコミカルな感じ。
ru1.jpg

そのやりとりや展開も日本のアニメぽくて、海外アニメもついにここまできたか・・・と一人感慨深い思いにひたるオマサさん。
アクションとBGMのマッチングも凄く良くて、思わず何回も見直してしまうほど。
さらにはまさかの乳揺れもあって、製作陣のこだわりが感じられる!
ru2.jpg


たまにこういうアメリカらしい演出もあったりするのはご愛嬌w
ru3.jpg


欠点としては、もともとwebアニメで、それをそのまま収録したせいもあってか、たまに話が前後してしまう部分があるとこかな。
まぁ話が分からなくなるってことはないので問題はないけれど。
興味のある方は、Rwbyで検索すると色々でてくるし、webで配信されてる本編も出てくるんで、是非見てみてはどうでしょう!


ちなみにオマサさんは愛すべき脳筋ヤン姉さん(主人公の姉)一筋です(キリッ
ru4.jpg


自慢のブロンドの髪の毛を、相手に一本でも落とされたりするとブチ切れる姉さん。
ru6.jpg


その脳筋のほどはこちらのトレーラーでどうぞ!






映画・テレビ | 2013/11/16(土) 12:21 | こめんと:(0)
#940 糖尿病なのね。
あれから両親には会っていない。
二人で生きてきた。
監禁され、二つの事を学んだ。

1つ お菓子の家には近づかないこと。
2つ 魔女を殺すには火あぶりが一番だということ。


WS000123.jpg


ヘンゼルとグレーテル

おそらく世界中の子供達が知っているであろう童話、ヘンゼルとグレーテル。
オマサさんの記憶によれば

口減らしのために二人の兄弟は母親によって、森の奥深くへと捨てられてしまいます。
お腹を減らし森をさ迷い歩く二人は、幸運にもお菓子で出来た小屋を発見するのです!
夢中でそこにあるお菓子を食べ続ける二人。それが魔女の罠だという事を知らずに・・・。

魔女は思惑通り易々と二人を捕まえます。
しかし、窮鼠猫を噛むというように、思わぬ反撃に合った魔女は、皮肉にも二人を焼こうとしていた竈で自らを焼いてしまうのでした。
魔女が死んだのを確認した二人は、ちゃっかりと家捜しをはじめます。
そして出てきたのは魔女が今まであらゆる手段を使って貯めていたであろう宝石の山。
二人はそれらをポケットやカバンに詰め、何日後に自分たちの家へと辿りつくのでした。
宝石をみた母親達は改心して4人仲良く暮らすのでした。
めでたし、めでたし。

というような内容。

今回の映画は、その後ヘンゼルとグレーテルを描いたもので、二人は成長し、魔女を狩るウィッチハンターになっている。というお話。

もちろん映画は二人の子供時代から始まるけど、童話とは少し違っていて、両親は二人を魔女から
逃がすために森へ隠すという感じ。
WS000083.jpg

やたらおどろおどろしいお菓子の家。
WS000086.jpg
コレ間違いなく有害な着色料つこてるわ・・・。

出てきた魔女も可愛げのかけらもなかった。
WS000096.jpg
こんなん出てきたらオマサさん失禁するね!!(断言

相手のスキを突き、反撃をするグレーテルさん。
WS000097.jpg
この頃から容赦なかった。


月日は流れて15年後・・・

ヘンゼル!
WS000108.jpg
ボーン・レガシー!

グレーテル!
WS000107.jpg
ボンドガール!

ちなみに兄のヘンゼル。
彼は幼いころに魔女にお菓子を大量に食わされたせいで、数時間おきに注射をしないと死んでしまう体のようです。
つまるところのあれですあれ。


で、魔女が出てくるってんで、こう・・・魔法とかファンタジー的なファワーっていう戦いを想像していたわけですが実際は

殴る!
WS000109.jpg

投げる!
WS000110.jpg

吊るす!
WS000111.jpg

肉弾戦につぐ肉弾戦。
もちろん魔女も負けじと、殴る蹴る、しまいにはドロップキックをしてくる有様。
まぁこれには理由があるっちゃあるんだけど、それでもこいつはバイオレンス!

そんな肉体派な二人の前に立ちはだかるはチャームド魔女三姉妹。
WS000113.jpg
外見はいかついけど、若干お茶目な部分も持ち合わせていた。


三姉妹との戦いの中で判明する二人の秘密。
囚われてしまうグレーテル。
そして明らかになる魔女達の大いなる計画。
WS000117.jpg
(注:全部魔女だよ!)


圧倒的な戦力な差と分かっていてもヘンゼルは動じない。

「それなら、こいつの出番だな」

WS000116_20130723151423.jpg
はい!今回も出ました。みんな大好き重火器セット!

ここからはもうペイバックタイム。
素敵なギミック搭載の武器と共にテンションは上がっていきクライマックスへと突入!

ここにきても魔法成分は少なめで、ガトリングガンで掃射したり、華麗にムチを振るったり。

こうなって・・・
WS000120.jpg

こう!!
WS000119.jpg

もう、ダダダダッ!とか、ビシッ!ガッ!とかそんな音しか聞えてこないもの。
これ実のとこ・・・相手は魔女じゃなく普通にテロリストでもよかったんじゃね・・・?
でも、そこを素直に楽しめてしまうのがこの映画の素敵なところ。
一人一人違う格好をした魔女も奇抜でおもしろいし、そんな魔女を相手に慈悲のかけらも見せない兄弟もとってもかっこいい。
こんな風に背中合わせでくっついたスタイリッシュな魔女もいる。
WS000118.jpg
当然使うのは魔法じゃなくて剣ね!

ラストも爽快で、なんでこれ劇場公開が中止になったのかとっても不思議。
iTunesで視聴もできるようだし、是非とも見て欲しい作品。きっと暑さも忘れてしまう事でしょう!






映画・テレビ | 2013/07/23(火) 15:39 | こめんと:(0)
#938 ロンドンゾンビ紀行!
「くそ!車一台だと無理だ!」

「どうすんだよ・・・。」

「・・・ケイティ、どんな車でも走らせるのか?」

「走らせるけど?」





WS000100.jpg



WS000101.jpg



WS000084.jpg



WS000085.jpg


ロンドンゾンビ紀行

はい!久しぶりの素敵なゾンビ映画ですよ!
原題は Cockneys vs Zombies 。
コックニーってのは生粋のロンドン子を指すようで、日本でいうなら江戸っ子vsゾンビって感じじゃないかな。
それにしても邦題のロンドンゾンビ紀行。意味が分からないけども、その響きだけで興味を引かれてしまう。
いいセンスだぜ!


ストーリーは、若者達が資金難で取り壊し予定の老人ホームを救うべく、銀行強盗を決行するが、そこに突如としてゾンビが発生して・・・。という感じ。
いわゆる、いまいちパッとしない人々が活躍する系ゾンビ映画。
冴えない若者、取り壊し予定の老人ホーム、そしてゾンビ。この三拍子が揃っているんだからそれはもう・・・!


最後の最後までネタバレですよ!



最初は銀行強盗パートと老人ホームパートに分かれていて、それぞれがゆるゆると進んでいく。

華麗に強盗ができるわけはなく
WS000102.jpg

老人ホームにゾンビが襲ってきても緊迫した空気にはならない。不思議!
WS000079.jpg


WS000099.jpg
足の悪いじいさんと同じ速度のゾンビの追いかけっこ。むしろ和む。


ショーンオブザデッドのメンツが納屋に武器(ラケットとかレコード)を取りにいったのと違い、こっちは武器庫が登場する。
WS000082.jpg
うひょー!そこには夢と希望がつまっているのである。

チョイスも見事で、日本刀や
WS000081.jpg


どう考えても扱えないであろう重火器!
WS000087.jpg
ヘルメットもいい感じ。

こちらがメカにも強く、武器の扱いにも長けてるサバイバル系女子のケイティさん。
WS000088.jpg
クソカッコイイ!!


装備も充実し、移動手段も手に入れた冴えない若者達は老人ホームへと向かう。
ここからがこの映画の本気!!



ちなみに相変わらずホーム内の空気はこんなんです。
WS000089.jpg
手前の二人と背後の窓の温度差がヤバイ。


大量の武器の到着に、少年のように目を輝かせるジジイたち。
WS000091.jpg
そう・・・ジジイ無双の始まりである。



その昔、ナチどもを相手に戦ったジジイを筆頭に、群がるゾンビをばったばったと打ち倒していく面々。
WS000092.jpg

未だかつて、これほど出演者の平均年齢が高いゾンビ映画があっただろうか。
いや、ない。(プレスリーVSミイラ男はミイラなのでセーフ!
WS000094.jpg


ジジイのテンションMaxのまま物語は終わりへと向かうが、ゾンビ映画にトラブルはつきもの。
頼みの綱の二階建てバスが煙を吹き、一行は川岸に停まる船へ乗り移る事を余儀なくされる。
迫り来るゾンビをかわし、どうにか全員無事に船へと移り、これで逃げ切ったか!と思いきや、ゾンビはそんなに甘くない。
なんと一本の鎖が船と岸とを繋ぎ止めていたのだ。
さすがにあせる一行。このままでは・・・・。




「チクショーめ、ハンパな仕事をするな。ケイティを頼むぞ!」

後のことを孫に託し、皆を救うべくジジイが飛ぶ。
WS000095.jpg
ジ、ジジイーーーーー!!

ゾンビに囲まれながらも懸命に鎖を外すジジイ。
WS000103.jpg
ゾンビ映画に犠牲は付き物なのだ・・・。






しかし・・・






ジジイ怒り一斉射撃
WS000105.jpg

テンションMEGA MAX!!
WS000104.jpg
圧倒しとる。

さらには、その場にいたゾンビどもを全滅させるだけでは飽き足らず、悪態をつきながら向こう岸にいるゾンビに銃弾を浴びせるジジイ。
WS000106.jpg
ク、クレイジー!



始終ゆるい雰囲気で進んでいくかと思いきや、メリハリがよく、きちんとアクションもしているし、グロイ部分はしっかりとグロい。

テンポもいいし、この映画、ショーンオブザデッドに次ぐ出来のゾンビ映画ではないでしょうか!
ゾンビが好きな人は見て損はない映画ですね!





映画・テレビ | 2013/07/10(水) 13:55 | こめんと:(0)
#931 20分は臭いぞ!
実を言うと・・・アイアンマン3、映画館で3回観てしまいました!

2回目は成り行きで、3回目は無性に観たくなってしまったから!
先が分かっていも面白い。それがアイアンマン3!


注:ネタバレです!


予告を見た限り、バットマンみたいなシリアス路線になるのかと思いきや、随所に笑いが散りばめられているし、鋼鉄社長の破天荒ぶりも健在!
そうなってくると安心してみる事ができますね!

今回は、スーツで戦うんじゃなく、スーツを使って戦うという感じ。
遠隔操作が可能なマーク42をメインで使っているのだけど、そのマーク42が出てくるシーンは大抵笑いも起こる。
クライマックスの「愛しい息子が帰ってきたぞ」ってとこなんてもうねw
登場人物同士のやりとりでもちょいちょい笑える。
オマサさんが好きなのは、エイム社の情報を見るために乗り込んだバンで遭遇する熱烈なファンとのやりとり。
あの噛み合わなさと刺青の似てなさ加減が最高にいい!!
あとはマンダリン(を演じてる役者)がトイレに入った後に入った女性らの一言。
細かいところなんだけど本当に笑える。

さて、3では途中のアイアンマンスーツ要素が少ないせいなのか、完結編って事もあるせいなのか、ラストがとんでもない。
なんてたって鋼鉄社長が趣味で作り続けたアイアンマンが全員集合!するのだから。
あのスーツ達が援軍に飛んでくるシーンの盛り上がり方はヤバイね!!
三部作、いやマーベルシリーズの中で最も盛り上がるんじゃないだろか!!!
さらにはペッパーがあんな事になってしまうとは・・・。
あれがまた物凄く爽快でかっこいいのだけれども!
あのままアベンジャーズに加わってしまうのかと思ったはw


前作で自分の中にある毒素が悩みだった鋼鉄社長。
今回はアベンジャーズの時に強大な敵と戦ったのが原因でパニック症のようなもの、言うなればスーツ依存症が悩みの種。
スーツがなければ何も・・・で頭を抱え込んでしまう鋼鉄社長。
で、それを解決したのが少年の「何か作れば?」って一言。
たった1分で立ち直り、ホームセンター産の材料で作ったお手製の武器を手に敵陣へ乗り込んでいってしまうんだから、さすが物作り界のヒーローは違う!

思うに、バットマンとは対極のヒーロー像な気がする。
同じ社長でも正体を大体的に公表しちゃうヒーロー、かたやひたすらに隠し続けるヒーロー。
悩みを抱えていても、わずかな時間で解決しちゃうか、長いこと悩んだ末に解決するか。
大切なものを両方守れるか否か。
テーマが違うだろうし、どっちが良い悪いでもないし、両方好きだけれど、オマサさんはやっぱり愉快痛快なアイアンマンが好きかな!
中でも3のアイアンマンが!!

ちなみに鋼鉄社長曰く、スーツは繭。
そしてそれを見事に打ち破った社長はこれからどんな活躍をするのか。
ホント、早く観たいね!!




映画・テレビ | 2013/05/14(火) 23:05 | こめんと:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。